Warning: fread(): Length parameter must be greater than 0 in /home/trydqxw8/public_html/common/common.php on line 210
避妊薬(ピル)の使い方や購入方法、種類について

避妊薬には毎日使い妊娠を防ぐ低用量ピルと、緊急時に使うアフターピルがあります。使い方や値段が違うので知っておきましょう。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

避妊薬(ピル)について色々知りましょう

避妊薬(ピル)について色々知りましょう

皆さん、特に女性はどのような方法で避妊を行っていますか?恐らくですが多くの方が相手(男性)にまかせているのではないかと思われます。正しい方法で避妊ができていれば安心です。多くの方が避妊方法として選ばれているコンドームの性能は世界から見ても非常に性能は高いでしょう。

しかし、コンドームは正しく着用しなければその避妊確率が著しく下がってしまいます。サイズが間違っていないか?裏表が逆ではないか?爪が引っかかり破れてはいないか?いくつか気になる点があり、意外にもどれかに当てはまることもあるようです。

その場合、精液が漏れ出してしまう危険があり、妊娠をしてしまう可能性があります。その他の避妊方法であるペッサリーやIUDなどは女性が着用する避妊具です。特にIUD(IUS)は高い避妊効果を誇りますが、着用の際は医療機関へ行かなければなりません(ペッサリーも初めは必要)。

参考サイト:https://www.joicfp.or.jp/jpn/2017/06/05/37254/

「妊娠を望まない」方にとっては避妊は必須です。もしも望んでいない妊娠をしてしまったのであれば、最終的には中絶手術をし堕胎をするか、出産をするかのどちらかを選ばなければなりません。覚悟や準備も整っていない中での出産はとても精神的にもプレッシャーとなっていくはずです。

こういった事態を起こさないためにも徹底的に避妊を行わなくてはなりません。また、世界では一般的になっている女性主体の避妊方法を行う必要もあるでしょう。それは何か?

「避妊薬」を使用することです。たったこれだけのことで、ほぼ100%避妊が出来ます。もちろん使い方を間違えなければの話です。しっかりと理解をしてから使いましょう。

避妊薬のタイプは2つ

避妊薬は大きく分けて2つのタイプがあります。1つは経口用避妊薬。一般的にピルと言えばこちらが該当します。毎日飲み続ける事で効果を発揮し妊娠を防ぐのです。

メインとして使われているのが低用量ピル。かつてはより多くの女性ホルモンを含有していた高用量ピル、中用量ピルが経口用避妊薬としてつかわれていました。ただ副作用が起きやすいリスクもあり、悪いイメージも定着してしまったのです。

しかし低用量ピルは配合されている女性ホルモン量が少ないため、副作用のリスクが減っています。そのためかなり使いやすいのです。また、避妊以外にも生理のコントロールや生理不順・月経痛などの緩和にも使えるので利用者も徐々に増えてきています。

もう1つのタイプはアフターピル。こちらはセックスを終えた後、避妊に失敗した際に使われています。例えば避妊具を使用していなかったため妊娠していないか不安になった場合。あるいは避妊具(主にコンドーム)を付けていたが途中で外れてしまった、または破れてしまった場合です。

それぞれの用途を理解して使いましょう。もちろんどちらも医療機関で処方してもらうことが出来ます。必要と思われた際には恥ずかしがることはありません。ぜひ行かれることをおすすめ致します。ただ、多くの方は避妊薬を処方してもらうことが恥ずかしい、知られたくないと思われる方もいらっしゃるはず。

そのような場合は、海外医薬品の通販を利用して、購入してみてはいかがでしょうか?お手元に到着するまでしばらく時間がかかるものの、ネットで注文をすればいいだけですから、人に知られることがありません。そして医療機関よりも安く購入出来るメリットがあります。

アフターピルについて

アフターピルについて

避妊薬の1つであるアフターピル。その使い方は避妊に失敗したと思われた時に使います。72時間以内に服用されるのが望ましく、出来るだけ早く使えばそれだけ避妊率が上がるのが特徴です。避妊の失敗とは避妊具を使わずにセックスを行った・コンドームが破れたりずれていたなどのことを言います。

特に避妊の失敗というのはいつ起きるか分からない事です。そのためあらかじめ備えて持っておくことが大事だと思います。また服用時間が早ければ早いほど妊娠の予防確率が高くなるので72時間以内というタイムリミットはありますが、なるべく24時間以内に使うのをおすすめ致します。

アフターピルの詳細

アフターピルの使い方

アフターピルを使う避妊のことを「緊急避妊」というのですが、2種類の方法があるのでどちらかを利用して行います。現在主流の方法がLNG法でノルレボというアフターピルを用いるため、その成分名であるレボノルゲストレルから取られています。

もう1つの方法がヤッペ法で、こちらは避妊薬の名前ではなく考案者の名前からつけられました。使われる避妊薬は主にプラノバールという中用量ピルが用いられています。LNG法よりも副作用が起きやすく、吐き気が出てしまうというアフターピルのイメージはヤッペ法からきているようです。ただヤッペ法も緊急避妊はしっかりと出来ますし、LNG法よりも費用が安いため未だに選ばれる方がいらっしゃいます。

参考サイト:二子玉川メディカルクリニック

アイピル

現在のアフターピルの主流はノルレボ(LNG法)で、必ずと言っていいほど医療機関ですすめられます。ヤッペ法で緊急避妊を行うよりも副作用が出にくく、避妊効果もアップしているのですが価格がとても高いのがネック。しかしこのアイピルはノルレボのジェネリックとなりなんと10分の1程度の価格です!

脅威の安さにも関わらず避妊効果も高いので、ネットでも色々な情報が溢れています。通販サイトによって若干の差はありますが1箱(1錠入り)1000~1500円程度で購入出来るのでお守り代わりとして持っておくにはとても優れたアフターピルであるといえるでしょう。

アイピルについての詳細

ノルレボ

アイピルのベースになっているアフターピルで、LNG法で緊急避妊を行う場合必ず使われるアフターピルです。ヤッペ法よりも避妊確率が高く、副作用が少ないため主流となりました。2016年に1.5mg錠が発売されたので1回1錠だけで済むようになった利便性も備えています。

しかしアフターピルには保険が適用されないため全額負担をしなければなりません。1回で10000円~必要になり、医療機関によっては診察費などを合わせると20000円を超えてしまう可能性も。ですが通販であれば半額以下の価格で購入することが出来ます。先発薬の方を使われたいのであれば、通販の利用も検討してみましょう。

ノルレボについての詳細

ヤッペ法

ノルレボやアイピルなどで行うLNG法よりも前から存在していた緊急避妊法です。ヤッペとは薬の名前ではなく、この緊急避妊法を考案した医師の名前から取られました。ヤッペ法で使われる避妊薬はプラノバールという中用量ピルになります。

LNG法で使われている避妊薬は完全に緊急避妊用として作られているアフターピルなのですが、プラノバールは元々は経口用避妊薬でした。しかし低用量ピルよりもホルモン量が多いため、副作用の吐き気をもよおすこともあり、負担を強いられることもある程度は覚悟しなければならなかったのです。

とはいえしっかりとその役目は果たせます。例え吐き気をもよおし、プラノバールを吐いてしまったとしてももう一度飲めば緊急避妊を行うことが出来ます。しかし手間もかかりますし、なにより精神的にもきついので、ヤッペ法はあまり使われなくなりLNG法がメインの緊急避妊法に置き換わりました。

ヤッペ法の詳細

アフターピルを手に入れる方法

先にもご説明しましたが、アフターピルは医療機関で処方してもらうことで手に入れられます。ヤッペ法(プラノバール)は1回分7000~8000円程度。ノルレボ法は10000~20000円と、医療機関によって大きく差はありますが、いずれも高額です。

ですが通販を利用すれば海外のアフターピルを選べるので、かなり安くなります。おおよそ半額程度の値段を想定してみましょう。ジェネリックに至っては1回分1000円を切る商品もあるので、一度は利用する価値があるはず。

ただし購入に関しては到着が10日前後かかること、20歳以下の方は利用出来ないこと、などいくつか注意点があります。注意点は必ず守り(あるいは把握)、通販を利用してみて下さい。

低用量ピルについて

低用量ピルは毎日飲むことで避妊効果を得られる避妊薬です。主に避妊薬として一般的に認知されるのはこちらの方ではないでしょうか?また、ピルという呼び方の方がより認知されやすいでしょう。ピルとは実は「錠剤」という意味で、本来低用量ピルを英語に直すと「Oral Contraceptives」となりOCという略し方が海外では一般的なのです。

話が逸れてしまいましたが、低用量ピルを毎日飲むことで脳を妊娠した状態に錯覚させ排卵を止めたり妊娠しにくくなるメカニズムを作り出します。避妊確率はほぼ100%なので、まだ妊娠されたくない方は低用量ピルでコントロールをしましょう。

しかし毎日決めた時間に飲むこと、休薬期間があること、低用量ピルのよってはホルモン量の違う錠剤があるので正しい使い方をしなければなりません。1日間違えただけならばまだ戻すことは出来ますが、2日飲み忘れたしまうと次の生理初日までは使う事が出来ません。習慣づけるまで少し面倒になってしまいますが、確実な避妊効果を得るならばやはり低用量ピルをおすすめ致します。

低用量ピルの詳細

低用量ピルの使い方

低用量ピルはアフターピルのように1回きりという使い方ではなく、継続的に使う事で効果を得る薬です。なぜこれだけのことで避妊出来るのかというと、配合されているホルモンが視床下部(脳の器官の一部)に作用して排卵を抑えたり止めたりするため。

簡単に言えば視床下部に妊娠していると錯覚させている状態を作り出しています。もちろんそれは体の負担になりません。また低用量ピルを飲むことを止めれば再び妊娠をする事が可能ですし、低用量ピルによって胎児に影響が出ることもありませんのでご安心下さい。

また、避妊だけではなく生理のリズムを整える効果も期待出来るのです。生理不順もそうですし、その際に出血が多い方。生理痛がひどい方。生理前などに起きるPMS(月経前症候群)などの改善や緩和にも役立ち、この目的で利用されている方もいらっしゃいます。

参考サイト:「ピル=避妊」だけではない!正しい服用方法と効果-生理用品のソフィ

トリキュラー

トリキュラーは国内における低用量ピルの中で最も有名な商品ではないでしょうか?また医療機関でも処方量が多いと言われています。その理由は副作用が起きにくい・しっかりと避妊効果が得られるなどの理由からでしょう。特に低用量ピルはほぼ毎日飲むものですから副作用が起きる・起きないというのは非常に気になる点なので、トリキュラーは安心して使えます。

トリキュラーはホルモン量が違う3種類の錠剤を順番に飲んでいくいわゆる3相性タイプの低用量ピルです。間違えやすそうと思いますが、シートに順番が記載されているのでご安心下さい。避妊目的以外でも生理が重い方や生理不順の改善にも効果があり、その目的で使われる方も多いようです。

トリキュラーの詳細

マーベロン

マーベロンは国内における低用量ピルの知名度で、トリキュラーと双璧を為すと言っても過言ではありません。こちらも非常に処方量の多い低用量ピルでしょう。特に避妊薬を初めて使われる方に良く選ばれているようです。

トリキュラーは3種類の錠剤を飲む3相性タイプというものでしたが、マーベロンはホルモン量が同じ錠剤で1相性というタイプという分類になるます。そのため使うのがとても簡単であることから高い需要があるのです。避妊効果以外にも特にニキビ治療・予防に定評があります。

マーベロンの詳細

ダイアン35

ダイアン35はあまり聞き馴染みが無い低用量ピルだと思いますが、欧米の女性と比べて体格の小さいアジア人向けに開発されており、体への負担が少ないのが特徴です。特に小柄な女性で今まで副作用が辛かった方には一度試して欲しい低用量ピルです。

ただダイアン35の最大のメリットは避妊効果ではなく美肌やムダ毛の減少、そしてバストアップなど女性に嬉しい効果をもたらしてくれることです。そのため性転換を希望する男性にもよく使われています。もちろん正しい日程で使えば避妊確率はほぼ100%。今、注目すべき避妊薬と言えそうです。

ダイアン35の詳細

ヤーズ

ヤーズは低用量ピルよりもさらにホルモン量が少ない「超低用量ピル」に分類されています。そのため副作用によるむくみが出にくくなっているので、合わない避妊薬を使われていた方は切り替えの候補として考えてみても良いと思います。

ホルモン量が少ないとありますが避妊効果はしっかりと得られるので心配はいりません。しかし日本では避妊薬として処方されることが無く、生理不順や月経困難症のために使われています。これら女性特有の症状にお悩みの方も使いやすい低用量ピルです。

そして配合されている成分が全く同じであるヤスミンという商品もあります。一体何が違うのかというとその配合量。ヤーズがドロスピレノン(黄体ホルモン)を3mg、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)を0.02mg含有。対してヤスミンは、ドロスピレノンの量は同じもののエチニルエストラジオールが0.03mgと少し多めになっており、多少の違いがあることがお分かりいただけたと思います。

低用量ピルを手に入れる方法

アフターピルと同じように、低用量ピルも医療機関と通販の2通りの購入方法がありますので、覚えておくととても便利です。

そのため人にあまり知られたくないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方はインターネットから通販を利用して低用量ピルを購入してみましょう。人と対面することはありません。また、医療機関よりも費用が安く済むケースが多いので一度利用されることをおすすめ致します。

避妊薬を使用するケース

避妊薬を使用するケース

それでは避妊薬を使うケースとは一体どんな事が思い浮かぶでしょうか?まず一つは妊娠を望まない場合に使用する事が真っ先に思い当たります。結婚されていない方はもちろんですが、子供を欲しくないと思う夫婦も多いようでそういった方々は毎日決まった時間に服用をしています。

しかし避妊薬は避妊効果を得られるだけではありません。避妊薬を構成する成分はホルモンですから、体内で作用するホルモンの調整を行い、女性が抱える悩みを解決することも可能になります。これは低用量ピルを使われる方に限られますが、その目的でのみ使用される方も非常に多いようです。

女性の悩みを解決するのに役立つ

避妊以外にも用途があり、生理周期を変更したり、月経困難症の緩和などにも使われています。生理周期の変更とは例えば、旅行中に整理になってしまい行動の制限がかかってしまうのを防ぐ場合。月経困難症とは生理痛などが起こり、これもまた行動に制限がかかってしまうのを防ぐためです。子宮内膜症という子宮内膜が増殖してしまう症状を防ぐ場合にも有効です。

自分を守る意識を高める

正直、日本の環境は非常に遅れています。中絶手術の件数もそれに比例し、他の先進国と比べると非常に多く、問題視されているのが現状です。しかし現在、インターネットが普及し避妊について簡単に調べる事が出来るようになり、前述の通り海外から避妊薬を購入する事も出来るようになりました。

日本の女性もこれから避妊への意識が高くなっていくでしょう。もちろん国が避妊への教育を進める、避妊薬をもらうことは恥ではないという環境を整えることも大事です。課題はまだまだ山積みですが、意識を高め、まだ妊娠を望まないのであれば避妊薬を使っていき自分自身を守っていきましょう!

女性も避妊をコントロールして良いのです

後程ご説明をしますが、医療機関だけではなく通販サイトでも避妊薬が購入出来るので、これから使用率も高くなっていくのではないでしょうか?海外と比較すると日本での避妊薬の使用率はまだまだ低いです。これは避妊薬に対する誤解などから、もらいにくい環境があるためだと考えられています。

つまり避妊薬に対する知識が全く無いと言っても過言ではありません。主な作用である避妊効果で、望まない妊娠を防ぐことが出来るので中絶手術が必要なケースがかなり少なくなるでしょう。中絶手術は最終手段です。そして出来る期間が決まっており、心身ともに大きなダメージを負ってしまいます。

また普段低用量ピルを使っておらず、行為の後に不安になった場合アフターピルがあれば、こちらもまた中絶手術を受けなければならないケースを回避出来るでしょう。しかし日本でアフターピルを処方してもらうには、高額な負担が必要です。

一方海外は低用量ピルもアフターピルも薬局で購入出来る事が多いようです。処方箋をもらう必要がありません。手軽に購入が出来るのです。要するに海外は避妊薬を使う事が当たり前という感覚で、小さい頃からしっかり避妊への教育が行われている、避妊薬を使うのが当たり前という環境から、避妊の意識を高く持っています。

避妊薬を使うメリット

避妊薬を使うメリットは個人によって変わります。避妊目的以外にも、役立つ作用がたくさんあるためです。しかし根本的には避妊が出来る、ということに繋がり、望まない妊娠を防ぐ事が出来ます。避妊を始め、いくつかのメリットをご紹介しますので、どの目的と合致するかを参考にしてみて下さい。

望まない妊娠を防ぐ

まずはこのサイトのメインテーマとも言える、避妊作用に他なりませんよね。これまでに幾度となくお伝えしておりますが、避妊薬(低用量ピル・アフターピルともに)を使う目的は、妊娠を防ぐ事です。どちらも避妊目的に使いますが、目的別なので気を付けて下さい。

もしも望まない妊娠をされてしまった場合、決められた周期であれば中絶手術が可能です。しかしそれに間に合わなかった場合は中絶手術を受ける事が出来ません。年齢の問題、経済的な問題などによって育児が困難である方にとっては大きな問題です。

それを解決するためには避妊薬は必須と言えるでしょう。低用量ピルに関して言えば、使うのを止めて1ヶ月程度でまた妊娠出来るようになります。アフターピルも使ったら妊娠出来にくくなる(出来なくなる)ことはありませんので、安心して下さい。

生理痛・出血量の軽減

女性にとって嫌なことと言えば生理の際に起きる痛み。避妊薬、そのうちの低用量ピルを服用していれば軽減出来るのです。なぜかというと子宮内膜の増殖が抑えられるためです。その中には生理の際に痛くなる原因であるプロスタグランジンという物質が含まれています。

つまりは低用量ピルによってホルモンバランスが整えられることで、プロスタグランジンも少なくなり、痛みが起きにくくなるのです。子宮内膜も少なくなるので出血量も以前よりかなり無くなるでしょう。

生理不順の予防

生理痛の他にも、生理に関する問題はいくつかありますがこれも避妊薬を使う事で抑える事が可能です。生理痛以外で困ってしまうことであれば、生理周期がずれてしまうことでしょう。これにより行動の制限を余儀なくされる、というケースも少なからずあるはずです。

いわゆる生理不順と呼ばれ、多くはホルモンバランスが乱れてしまうことで起きる症状です。近年は女性もかなり不規則な生活を送りがちになっているので、ホルモンバランスが乱れやすい環境と言えます。低用量ピルを利用することでそのバランスが整っていき、次第に元に戻っていくことでしょう。

PMS(月経前症候群)の抑制

もう1つ、生理による不調として挙げられる症状がPMS(月経前症候群)です。その名の通りこちらは生理前(月経前)に起きるもので原因としてはホルモンバランスが乱れてしまうことで起きてしまいます。ちなみにイメージとしては先程ご説明をした生理不順の方に多いと思われがちですが、実は生理が順調なかたにこそ起きやすいようなのです。

原因は排卵の影響によりホルモンバランスが大きく変わるためです。また個人によって、身体的なものや精神的なものといったように、症状にもかなり個人差があるのも特徴です。PMSの症状を軽減・予防のためにはホルモンバランスの変化をあまり起こさないのが1番です。そのため避妊薬は有効なのです。

避妊薬の通販

避妊薬の通販

これまでにも幾度となくご説明しているように、避妊薬(アフターピルと低用量ピル)は、処方せん医薬品にあたるため医療機関でなければ手に入れることが出来ません。欧米などでは薬局でも販売されているのですが、日本ではまだ出来ないのが現状です。必ず医療機関へ行きましょう。

しかし通販サイト(海外医薬品の通販)でも購入することができ、そちらは診察を受けなくても問題はありません。なぜならば海外医薬品を購入することは個人輸入になり、処方せんを必要としないためです。もちろん法律に違反することではありませんので、安心して利用することが出来ます。

参考サイト:医薬品・化粧品等の個人輸入について

通販サイトで販売されている避妊薬は全て海外製です。成分量などは変わらず、日本で処方されるものと同じものなのです。様々な国で流通しているものが発送されるため、パッケージのデザインがバラバラなこともありますが、同じ製品なのでもちろん使っても問題はありません。/p>

そしてなによりも通販のメリットとして挙げられることが、他人を気にしなくてもすむこと。避妊薬をもらう時、落ち着かないことってあるはずです。別に悪いことをしているわけではありません。しかし悪いイメージを持たれている方もいるのでそういった心理が働くのだと思います。/p>

そういった煩わしさは通販を利用することで気にする必要がなくなるので、ストレスがかなり軽減されるでしょう。/p>

そして国内よりも安く販売されているので、費用の節約にも役立ちます。まとめ買いをすれば1箱あたりの値段が安くなるので、もっと差が生まれかなりお金を浮かせる事が出来るでしょう。通販はメリットを多く得られるのです。/p>

まとめ

まとめ

日本における避妊薬のイメージ、知識、使用率は先進国の中で非常に遅れを取っているのが現状です。その反面、中絶手術の件数がとても多く、問題視されています。しかしインターネットの普及に伴って、避妊について簡単に調べる事が出来るようになりました。

本当に徐々にではありますが、使われる女性も増えつつあります。しかし世界の中では少ないため、まだまだ広めなければなりません。教育面、医療機関だけではなく薬局でも購入出来るようにする、など解決しなければならないことはたくさんあります。

しかし待っているだけでは何も得られません。恐らくまだまだこれらの現状を打破するためには年数が必要となるでしょう。ですがとても便利になった世の中。インターネットを使い海外で販売されている避妊薬を購入することが出来るようになりました。入手のハードルが下がり、これまで以上に普及していくはずです。このような便利な方法があるのであれば、ぜひとも使っていって下さい。

それに有効活用すれば避妊だけではなく、ニキビ予防・治療や、バストアップ、生理痛の軽減や出血量を減らすなど、様々な悩みを解決するためにも役立ちます。現にこういった目的で利用されている方もおり、女性にとっては大きなメリットになるのです。

いつになるかは分かりませんが、日本でも気軽に(というと語弊があるかも)避妊薬を使える世の中になって欲しいですね、当サイトも微力ではありますが、その手助けが出来れば幸いです。

注目記事

アイピルの効果(ノルレボのジェネリック)

アイピル

アフターピルのジェネリック医薬品であるアイピルは先発薬のノルレボと同様、高い妊娠防止効果を持っています。

72時間以内に服用することで90%以上防ぐためです。

そのためにはいち早く対応できるよう備えておくことが極めて重要です。

アイピルの効果(ノルレボのジェネリック)

トリキュラーの効果

トリキュラー

トリキュラーは低用量ピルの中でも利用者が多い人気の避妊薬です。

3相性というタイプで、3種類の錠剤があり、それぞれホルモン含有量が違います。

それにより自然なホルモン量へ近づける事が出来るので副作用が少なく、体へも負担が少ないのです。

トリキュラーの効果

避妊薬の通販

避妊薬の通販

アフターピルや低用量ピルなど、避妊薬は医療機関へ行かなくても購入することが出来ます。

インターネットを利用した通販サイトで、お好きな薬を選び簡単に購入が出来るため、現在人気の入手方法となっています。

避妊薬の通販