アイピルは値段の安さで非常に人気の高いアフターピルです。しかし発送は通常、海外から行われるので即日はありえません。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

アイピルの効果(ノルレボのジェネリック)

アイピルの効果(ノルレボ
のジェネリック)

大注目のアフターピル

アフターピルのジェネリック医薬品として今有名なものと言えばアイピルが挙げられるのはないでしょうか?それくらい今人気を集めており万が一の際に利用する場合、備えておくと非常に安心感が得られると思います。こちらのアイピルはノルレボのジェネリック医薬品で、有効成分も同じものが使用されています。そのため副作用の発現もかなり低く使いやすいため、女性たちに知られているのです。

アイピルの使用方法・注意点

アイピルの使用方法・注意点

アイピルの服用は72時間以内に行わなければなりません。それは妊娠のメカニズムとも関係しています。受精卵が子宮内膜に着床するまでにかかる日数はおよそ6~7日。その間に子宮内膜へ着床しにくい状況を作り、受精卵の着床を防がねばなりません。そのリミットが3日間といわれているため推奨されているのです。

アイピルを服用し、避妊に成功した場合は消退出血が起きます。早い方であれば数日で起きますし、遅い方でも2~3週間で確認が出来るようです。当然ではありますが消退出血を確認するまではセックスは控えておきましょう。アフターピルを服用した意味が無くなります。

価格が安いため手に入れやすい

ノルレボのジェネリック医薬品であるため価格が割安です。ノルレボの金額は医療機関によって上下しますが10000~20000円とかなりバラつきがあります。めったに使うことはないもののやはりいざ出費をすると考えると躊躇してしまいます。しかしアイピルの場合、1000前後から2000円で購入が可能です。この金額で、ノルレボと同等の効果が得られる。アイピルがこれだけ人気なのは金額によるものも非常に大きいようです。

ただし医療機関では販売されていないため入手の際には通販サイトを利用しなければなりません。到着がおよそ1~2週間かかりますので時間が勝負のアフターピルをすぐに使いたい場合少々相性が悪いと思います。ではどんな時にアイピルを持つのか?冒頭で記述した通り、あらかじめ備えておくのです。

アイピルを備えておくことは自身を守ることにつながる

アイピルを備えておくことは自身を守ることにつながる

避妊に失敗したと思ってもアイピルを既に持っていればすぐさま服用できます。しかも医療機関へ行かなくてもです。大きなメリットではないでしょうか?しかも価格が非常に安いですから2錠、3錠購入しておき、もしも副作用により吐き出してしまったとしてもすぐさまカバーすることが出来ます。使わないに越したことはありませんが、アフターピルを使わねばならない局面になったときにはアイピルをうまく活用し安心を得て下さい。