アフターピルは避妊に失敗した際に使用する避妊薬です。決められた時間以内に使わないといけないためなるべく早く使いましょう。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

アフターピルはどういった用途で使う?

アフターピルはどういった用途で使う?
 

避妊に失敗した際に何が出来るか考えたことはありますか?特にまだ子供を望まない夫婦、まだ結婚を考えていないカップルは妊娠してしまうと非常に困ることでしょう。もし何らかの理由、例えばコンドームがセックスの際に外れてしまった。もしくは穴が開いていたのを確認した。コンドームを付けずにセックスをしてしまった。こういった不安要素が付きまとえば精神にも悪影響を及ぼします。

その際に利用するのが「アフターピル」です。緊急避妊薬とも呼ばれており、服用することによって有効成分が妊娠しにくい状況を作り出してくれ、そのリスクをかなり軽減してくれます。ただし72時間以内に服用をしなければなりません。特に24時間以内に服用すれば、非常に高い確率で妊娠を防いでくれます。

2種類の方法

アフターピルには2種類の避妊方法があります。どちらも決められた時間内に使えば80%以上、妊娠を防ぐことが可能です。その2種類の方法とは、今主流のノルレボ法。もう1つがヤッペ法と呼ばれている方法です。これらは使うアフターピルが違います。

ノルレボ法、あるいはレボノルゲストレル法(LNG法とも)は、冠する名前の通りノルレボというアフターピルが主に使われています。主成分はレボノルゲストレルで、簡単にその効果を説明すれば、72時間以内に服用することにより、排卵を抑制・または遅らせ、さらに着床を防ぐのです。それにより避妊に失敗した=望まない妊娠を防ぐことに繋がります。

ヤッペ法も基本的にはノルレボ法と変わりません。こちらも同じく72時間以内に、アフターピルを服用することで排卵を抑制し、精子を子宮内に入りにくく、そして万が一入ったとしても受精をしにくくする効果を持っています。

ヤッペ法で使われているのが、プラノバールという中用量ピルです。そのため副作用が現れやすくなっており、現在はあまり使われていません。ただしヤッペ法のほうが費用が安いので、その兼ね合いで使用されるケースはまだまだあります。

ノルレボ法(LNG法)

ノルレボ法(LNG法)は現在主流となっている緊急避妊法で、ノルレボというアフターピルを使って緊急避妊を行います。後ほどご説明するヤッペ法とは違い、緊急避妊のために開発されたアフターピルなので、効果がとても高く副作用も出にくくなっています。

ノルレボ法は体にかかる負担も少ないので、1つ持っておけば安心も増すでしょう。アフターピルをもっておくことは恥ずかしいことではありません。海外の女性と比べると、避妊への意識がまだ低いので周囲の方にも啓蒙していきましょう。

ノルレボについて

ノルレボ法(LNG法)で使われるアフターピルは、緊急避妊法の名前にもなっているノルレボです。主成分がレボノルゲストレルで、使う事で排卵を抑えたり止めたりすることで妊娠を防ぐ作用を持っています。また子宮内膜を剥がすことで着床しにくい環境も作り、より妊娠しにくくさせるのです。

先にも申したようにノルレボはヤッペ法で使うアフターピルと比べて使いやすいのですが、非常に値段が高いのがネックです。医療機関で処方してもらう場合、10000~20000円ほど必要になります。しかし通販を利用することで海外で販売されているノルレボ、そのジェネリックのアイピルなどが購入でき、費用を抑えられます。

そのため自分を守るために通販を利用してアフターピルを購入するのはとても有効です。お守りとして1つ持っておくことをおすすめ致します。

ヤッペ法

金額の安さを求めるのであればヤッペ法という方法の緊急避妊があります。こちらは中用量ピルを使った緊急避妊であるため副作用のリスクが高くあまりおすすめは出来ません。しかし金額で言えばこちらの方が割安ですみます。妊娠を防ぐ効果はノルレボを用いた方法よりも低くはなりますが、長く行われていた方法ですので実績はあります。

注意としてはノルレボやアイピル、もしくはヤッペ法どちらも副作用は起きます。その際に吐き気をもよおし、実際に吐いてしまった場合アフターピルを吐き出すことによる効果消失です。せっかく服用しても意味がなくなってしまいますのでその場合はもう一度服用をして下さい。