アフターピルは避妊に失敗した際に使用します。すぐに服用すればそれだけ確率が上がるため、躊躇をせずに行いましょう。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

アフターピルとは?

アフターピルとは?

不安を消すために使用する

避妊に失敗した際に何が出来るか考えたことはありますか?特にまだ子供を望まない夫婦、まだ結婚を考えていないカップルは妊娠してしまうと非常に困ることでしょう。もし何らかの理由、例えばコンドームがセックスの際に外れてしまった。もしくは穴が開いていたのを確認した。コンドームを付けずにセックスをしてしまった。こういった不安要素が付きまとえば精神にも悪影響を及ぼします。

その際に利用するのが「アフターピル」です。緊急避妊薬とも呼ばれており、服用することによって有効成分が妊娠しにくい状況を作り出してくれ、そのリスクをかなり軽減してくれます。今主流のノルレボは72時間以内に服用を行えばほぼ100%妊娠を防いでくれます。

高い効果を持つノルレボ

高い効果を持つノルレボ

早く服用すればそれだけ確実に妊娠を防ぐことが出来るノルレボ。特筆すべきは12時間以内に服用すれば妊娠確率は0.5%という非常に低い数字として現れます。なるべく気付いた時に服用して下さい。2016年4月よりノルレボは1回1錠で済むようになりました。それ以前は0.75mg錠としかなく、1回に2錠服用せねばなりませんでしたが、1.5mg錠発売によりその煩わしさもなくなりさらに使いやすくなったのです。

効果が高く使いやすいノルレボですが、保険適用がされないものですので全額実費で購入せねばなりません。しかし心配はご無用です。医薬品を取り扱う通販サイトを利用すればジェネリック医薬品のアイピルが購入できます。こちらはインドのジェネリック製造シェアトップを誇るシプラ社というメーカーにより販売されています。アイピルはノルレボと同じ有効成分を含有しているにも関わらず非常に安価です。半額以下で購入ができ、人気を集めています。

以前使用されていたヤッペ法とは

以前使用されていたヤッペ法とは

金額の安さを求めるのであればヤッペ法という方法の緊急避妊があります。こちらは中用量ピルを使った緊急避妊であるため副作用のリスクが高くあまりおすすめは出来ません。しかし金額で言えばこちらの方が割安ですみます。妊娠を防ぐ効果はノルレボを用いた方法よりも低くはなりますが、長く行われていた方法ですので実績はあります。

注意としてはノルレボやアイピル、もしくはヤッペ法どちらも副作用は起きます。その際に吐き気をもよおし、実際に吐いてしまった場合アフターピルを吐き出すことによる効果消失です。せっかく服用しても意味がなくなってしまいますのでその場合はもう一度服用をして下さい。