ダイアン35は避妊効果はもちろんあるのですが、ニキビの予防薬としての方が広く知られている珍しい避妊薬なのです。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

ダイアン35の効果

ダイアン35の効果

体の小さなアジア人向けに作られているダイアン35

ダイアン35はトリキュラーのメーカーと同じバイエル製薬によって販売される低用量ピルです。特にアジア人向けであるためその他の避妊薬を使って副作用が発現した場合、移行する人がいます。1相性ピルになるためどの錠剤も有効成分の配合量が変わりなく、低用量ピルを使い始めた人には扱いやすいといえるでしょう。

とはいえトリキュラーマーベロンのように偽薬がありません。7日間の休薬期間を自分で設定しなければなりませんので、その点に関して言えば少し難易度が高いと思います。また服用する日にちを間違うと次の生理初日まで待たなければなりません。その点に関しても気を付けて下さい。飲み忘れた場合も注意して下さい。避妊効果が大幅に低くなります。

特にニキビに対し効果の高い低用量ピル

特にニキビに対し効果の高い低用量ピル

有効成分は酢酸シプロテロンと、卵胞ホルモンのエチニルエストラジオールです。抗アンドロゲン作用を持つ酢酸シプロテロンは避妊効果のみでなく、あるものの解消に良く使われていることも広く知られています。

そのあるものとはニキビ治療です。絶大な効果を発揮するそうで、実際にバイエル製薬は避妊薬としてではなくニキビ治療薬としてダイアン35を製造しています。避妊効果は副次効果であると言え、その他の避妊薬とはまるで反対です。ニキビの原因となる男性ホルモンを抑制することでそれを防ぎ、お肌も綺麗になっていきます。

思わぬ効果も持っている

思わぬ効果も持っている

またバストアップ効果の期待もあるようです。これも抗アンドロゲン作用によるもので、女性も使っていますが実は性同一性障害に悩む男性やニューハーフの方も服用し女性らしい体つきを作り上げるため使う人が多いそうです。誤解がないように記述をしますが、当然男性が服用すると弊害が起きてしまいます。悩みを抱えている男性以外は服用してはいけません。

副作用に関しては生理以外の出血や乳房の張り・痛み。頭痛・吐き気などが起こります。また最も気を付けたいのが血栓です。ダイアン35以外の低用量ピルにもいえますが、血栓が出来る可能性がありますのでその兆候がみられた場合、もしくは心配な場合は医療機関で診断を受けましょう。長期使用の他、喫煙者、心臓疾患をお持ちの人は特に注意です。