低用量ピルで最も使われている人気のトリキュラー。体内のホルモン分泌量に近くなるため副作用も少なく使いやすいのです。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

トリキュラーの効果

トリキュラーの効果

3相性の低用量ピル・トリキュラー

避妊薬には中用量・低用量ピルアフターピルなどいくつかの種類があります。また避妊薬を用いない避妊方法もあり、多種多様です。今現在日本で、いや世界中で最も使われているのは低用量ピルになります。女性ホルモンの量を限りなく抑え副作用の発現を低くしてくれるため使いやすいのです。その低用量ピルで人気を集めているのがバイエル製薬が販売するトリキュラーでしょう。

こちらのトリキュラーは3相性タイプと呼ばれるもので、ホルモン量の異なる3種類の錠剤により構成されています。シートに記載されている順番通りに服用することで自然なホルモン分泌量に近づける事が出来ますので非常に副作用が起きにくいのです。この副作用が起きにくいという点が人気のポイントです。

トリキュラーを服用した効果

トリキュラーを服用した効果

有効成分は卵胞ホルモンのエチニルエストラジオール、黄体ホルモンのレボノルゲストレルが配合されています。現在の経口避妊薬は2つの女性ホルモンが配合されている混合ホルモン剤です。排卵を抑える事は黄体ホルモンのみでも可能ですが、卵胞ホルモンと合わせることでより強力な避妊効果を得られるため、混合ホルモン剤が非常に多いというわけです。

もう少しその作用について説明をしますとトリキュラーを服用することで脳は妊娠している状態と錯覚をします。その結果により排卵が起きず、なおかつ子宮内膜へ受精卵が着床しにくくしたり、子宮頸管(いわゆる子宮の入口になります)の粘膜を変質させて精子が入り込みにくくするのでほぼ100%避妊が行えます。

避妊効果以外にもメリットがある

トリキュラーをはじめ低用量ピルを継続すると、避妊効果の他にも生理痛の軽減、PMS(月経前症候群:苛つきや体調不良)を防いだりすることが出来ます。いわゆる副次効果というものです。この女性特有の症状にお困りであれば低用量ピルを服用し症状を軽減させることで随分快適な生活を取り戻すことが出来るでしょう。

最後になりますがトリキュラーには21錠タイプと28錠タイプの2タイプがあります。どちらも効果は変わりませんが28錠タイプは偽薬(プラセボ)が7錠入っており28日間通じて服用を行うものになります。この偽薬が何のために入っているのかといいますと、飲み忘れを防ぐためです。28錠飲みきった後、続けて新しいシートを服用することになるので慣れていない方にとっては非常に助かるはずです。なお偽薬は何の成分も含有されていないため、飲み忘れても問題はありません。ご安心下さい。