現在主流のアフターピル、ノルレボ。妊娠を防ぐ効果もそうですが副作用の発現が限りなく少ないので使いやすくなっています。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

ノルレボの効果

ノルレボの効果

アフターピル目的で開発されているノルレボ

アフターピルとは?のページでもご紹介した通り、使用目的は避妊の失敗時に服用し、それにより妊娠を防ぐという目的です。最終手段ともいえるものでしょう。避妊方法で最も一般的なコンドームが行為中に外れた。もしくは穴が開いていた。など思いもしないトラブルにより失敗をしてしまう事もあるわけです。

今までは中用量ピルを使用するヤッペ法が主流でしたが、現在はノルレボを使用するLNG法に変わっています。ヤッペ法は中用量ピルを使用しますので副作用、特に吐き気が発現することが非常に多い事が知られていました。一方ノルレボはというと、元々アフターピルとして開発されていますので、より妊娠を防ぐ効果が高い、そして副作用のリスクが低い、というのが特徴があり非常に使いやすくなっています。

副作用が起きにくい理由

その理由は黄体ホルモンのみで構成されているからでしょう。ヤッペ法に使われる避妊薬は卵胞ホルモンも配合されている混合ホルモン剤です。避妊薬による副作用とは卵胞ホルモンによるものが大きく、しかも配合量も多いためそのリスクが高まります。ノルレボには有効成分レボノルゲストレルのみしか配合されていません。卵胞ホルモンが一切入っていませんので非常に副作用の発現が低いのです。

妊娠防止効果の高いアフターピルです

妊娠防止効果の高いアフターピルです

少し脱線をしてしまいましたがノルレボの効果についてです。服用するとホルモンバランスが整えられ、脳が妊娠をしたと錯覚します。すると排卵を遅延もしくは起きないようにし、子宮内膜が受精卵を着床しにくい状況を作り出します。実際避妊に失敗して受精していた場合、子宮内膜に到着したとしても非常に着床しにくくなっており、妊娠を確率が大きく減少します。

服用方法は72時間以内に行います。特に12時間以内に服用した場合ほぼ100%、妊娠を防止することが出来ます。もしかして、と思った場合はいち早く服用し安心を得て下さい。今まで0.75mg錠しかありませんでしたので1回2錠を服用しなければなりませんでしたが、2016年4月より1.5mg錠が販売開始されましたので1回1錠で済むようになりました。

副作用については吐き気や不正出血などです。またヤッペ法に比べるとノルレボは費用が高めです。医療機関によって上下しますが相場は10000~20000円と大きくバラつきがあるようです。もし金額が気になるのであれば医療機関へあらかじめ問い合わせるか、ジェネリック医薬品であるアイピルを購入することで解決が出来ます。