マーベロンも人気の低用量ピルで、使いやすく、かつ副作用の発現が少ないことがそのポイントとなっています。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

マーベロンの効果

マーベロンの効果

とても使いやすい低用量ピルのマーベロン

避妊薬で主流になっている低用量ピル。その中でも特に使いやすいのがマーベロンです。アメリカの製薬メーカーであるMSD株式会社が製造・販売を行っており、人気もトリキュラーと引けを取らない低用量ピルとなります。有効成分はデソゲストレル(黄体ホルモン)と、エチニルエストラジオール(卵胞ホルモン)です。こちらも混合ホルモン剤ですが、卵胞ホルモンが極力抑えられていますので副作用のリスクはとても低くなっています。

マーベロンの特色といえばなんといっても使いやすさでしょう。トリキュラーは3相性という、ホルモン量の異なる3種類の錠剤により構成されていましたが、マーベロンは1相性というタイプの低用量ピルで全ての錠剤が同量の成分量であるため、服用の順番を気にしなくても良いのがとても便利なのです。低用量ピルを使い慣れていない方はもちろん、慣れている方にも人気があります。

マーベロンを服用した効果

マーベロンを服用した効果

マーベロンの継続的な使用により、ホルモンバランスが妊娠時と同じになるため脳が妊娠したと勘違いをし排卵を抑止します。当然排卵が起こらなければ妊娠はしなくなり、万が一ということも起こりえません。マーベロンも正しく使用すればほぼ100%避妊効果が得られるため、意図して子供を欲しない場合に重宝します。

低用量ピルは避妊効果もですが、副次的な効果にも期待をしたいところです。特にマーベロンはニキビの治療には定評があるようで、皮膚科でも処方が行われるようです。ニキビの原因は男性ホルモンになります。これを抑制し、ホルモンバランスが整えられることでお肌が綺麗になるのです。もちろんこれは女性のみであり、男性には処方されません。

副作用は生理時による出血ではない不正出血や乳房の張り、吐き気などが生じることがあります。また特に気を付けていただきたいのが血栓が出来ることです。血管を収縮させる働きがあるため特に喫煙者や心臓疾患をお持ちの方は使用を控えるようにして下さい。

21錠・28錠タイプが選べます

21錠・28錠タイプが選べます

マーベロンも21錠タイプと28錠タイプがあります。これはトリキュラーと同様、21錠タイプは7日間の休薬期間の後に新しいシートへ。28錠タイプ21日間は避妊効果のある錠剤を服用、7日間は偽薬を服用し飲みきった後に新しいシートへ移行していきます。まだ使い慣れていない方は28錠タイプで服用する癖を付け、飲み忘れを防ぐ効果があります。まずはこちらから試してみましょう。