マーベロンのホルモン量は1つの錠剤で全て同じ量が配合されているので、飲み方が簡単かつ避妊効果も高い低用量ピルです。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

マーベロンは飲み方が簡単な低用量ピル

マーベロンは飲み方が簡単な低用量ピル

低用量ピルの中でも人気の高いマーベロン。その理由は非常に使いやすく、しっかりと効果が得られるためです。配合されているホルモン量はかなり低く、副作用のリスクが低く、避妊以外にも嬉しい効果をもたらしてくれます。

その1つが、ホルモンバランスを整えれてくれるので生理不順や生理痛などの改善が出来ること。そして低用量ピルの中でも男性ホルモン量が低いのでニキビの治療が出来ること。マーベロンを使うと美肌効果にも期待が出来るのです。

マーベロンを使われる場合は医療機関へ行きましょう。その日に処方してもらえます。しかし婦人科はほぼ毎日と言っていいほど患者数が多く待ち時間がかかります。また、低量ピルは保険適用されない薬なので全額負担をしなければなりません。1シート(1ヶ月分)大体2000~3000円ほどです。

通販の利用でコストを抑え、マーベロンを使いましょう

そこまで高くないと思われるかもしれませんが、低用量ピルで避妊を続けたいのであれば継続しなければなりません。そのためには毎月医療機関へ行く時間、そしてお金の負担が意外にかかることでしょう。その問題を解決するのであれば通販(海外医薬品の通販)を利用するのがおすすめです。

「海外」医薬品と頭に海外とつきますので、その名称通り海外からマーベロンを取り寄せる購入方法です。医療機関と比較すると1000円以上安く、しかもまとめ買いも出来ますし、自宅で注文が出来るのでかなり便利だと言えるでしょう。ぜひこの便利な方法でマーベロンを購入し、利用してみましょう!

マーベロンを服用した効果

マーベロンの継続的な使用により、ホルモンバランスが妊娠時と同じになるため脳が妊娠したと勘違いをし排卵を抑止します。当然排卵が起こらなければ妊娠はしなくなり、万が一ということも起こりえません。マーベロンも正しく使用すればほぼ100%避妊効果が得られるため、意図して子供を欲しない場合に重宝します。

低用量ピルは避妊効果もですが、副次的な効果にも期待をしたいところです。特にマーベロンはニキビの治療には定評があるようで、皮膚科でも処方が行われるようです。ニキビの原因は男性ホルモンになります。これを抑制し、ホルモンバランスが整えられることでお肌が綺麗になるのです。もちろんこれは女性のみであり、男性には処方されません。

副作用は生理時による出血ではない不正出血や乳房の張り、吐き気などが生じることがあります。また特に気を付けていただきたいのが血栓が出来ることです。血管を収縮させる働きがあるため特に喫煙者や心臓疾患をお持ちの方は使用を控えるようにして下さい。

21錠・28錠タイプが選べます

21錠・28錠タイプが選べます

マーベロンも21錠タイプと28錠タイプがあります。これはトリキュラーと同様、21錠タイプは7日間の休薬期間の後に新しいシートへ。28錠タイプ21日間は避妊効果のある錠剤を服用、7日間は偽薬を服用し飲みきった後に新しいシートへ移行していきます。まだ使い慣れていない方は28錠タイプで服用する癖を付け、飲み忘れを防ぐ効果があります。まずはこちらから試してみましょう。