避妊薬以外で避妊を行う方法は意外にも多くあります。その多くが物理的によるもので、中には医療機関で行うものもあります。

アフターピルで危険を回避 - 避妊薬の低用量ピルとアフターピル

避妊方法の種類

避妊方法の種類

様々な避妊方法

避妊をしたい場合、皆さんはどうされますか?まず始めに想像出来るものはなんでしょうか?コンドームを使うことが一般的であると思います。次いで避妊薬による避妊。低用量ピルであればトリキュラーマーベロンなどを使用することが一般的ですがその他にもいくつか避妊方法があります。その中には聞いたことがある方法、初めて知る、といったものがあると思います。そんな色々な避妊方法を簡単ではありますが紹介していきます。

コンドームで行う避妊

コンドームで行う避妊

冒頭でもその代表として挙げましたが、最も知られている避妊方法はコンドームでしょう。材質はゴムやポリウレタンなどがあり、精液溜めに殺精子剤が付いているものもあります。正しい着用方法であれば90%以上の避妊効果を得られますので最も手軽な方法であると言えます。しかし間違った方法で着用してしまうと、セックスの最中に外れてしまい避妊効果が得られない場合があります。

性感染症の予防にも期待が持てるので低用量ピルを継続的に利用しているからとはいえ、コンドームの着用をせずにセックスを行うと思わぬ事態を招くこともあります。必ず着用してから臨みましょう。

リズム法を使った避妊

リズム法を使った避妊

生理周期や基礎体温の変化から排卵日を予測する方法です。その排卵期にセックスを避けることで妊娠を防ぎます。しかし体調に左右されやすく、確実性がありません。リズム法のみに頼るのではなくメインは違うものに置き換えて、あくまでも補助的なものとして行うと良いようです。

ペッサリーを使う避妊

ペッサリーを使う避妊

こちらのペッサリーはゴム製の蓋のようなものを子宮口に装着し、避妊を行います。使用方法は殺精子剤を塗りセックスを行う前に自分で取り付けます。しかし装着方法がやや面倒であり、しかも自分にあったものを作らねばなりません。少々面倒な避妊方法と言えそうです。

IUS/IUDを使う避妊

IUS/IUDを使う避妊

IUSとIUDは子宮内に装着する避妊器具です。こちらは医療機関で取り付けてもらわなければなりませんが約二年間はなにもせずとも避妊効果が得られます。費用が15000~30000円ほど必要となりますが確実に避妊出来ますので一考の余地ありです。IUSは黄体ホルモンが子宮内膜に作用することで。IUDは殺精子作用のある銅イオンを放出します。s

以上が避妊薬を使う以外に用いる避妊方法です。少々面倒なものや、補助的なものにしかならないものなど確実性はバラバラです。コンドームに至っても正しく装着せねば妊娠の可能性が上がってしまいます。以上のことを踏まえると女性自身が行える避妊薬の利用が最も手軽で確実性のある避妊方法と言えるでしょう。